1. トップページ > 
  2. 特集コンテンツ > 
  3. 介護士のお仕事 > 
  4. 介護・福祉職-給付金の全貌-

介護・福祉職-給付金の全貌-

介護・福祉職への給付金について

厚生労働省が、新型コロナウイルスへの対応を労う目的で
介護職に最大20万円の給付金を支給すると発表。
介護・福祉職への給付金は、
介護・障害福祉の現場で働く職員に対し、
『慰労金』という名目で支給されます。
 
感染者が発生した、あるいは濃厚接触者に対応した事業所の
職員に20万円が支給され、
感染者、濃厚接触者がいない事業所で働く職員にも
5万円が支払われます。

---------------------
交付金を渡す都道府県から事業所ごとに配り、
個々の職員へ直接的に支払う予定。
---------------------

給付金を受け取る条件

・訪問系、通所系、施設系など全ての介護サービスを対象。職種も特に制限はなし。
  →もちろん障害者福祉施設も対象
  →施設の事務職や清掃の方も支給対象
  ※現場とは別の、利用者と関わらない本部のオフィス等で勤務する人などは除外

・その都道府県で新型コロナウイルスの感染者が最初に報告された日から
 6月30日までの間に、通算で10日以上勤務していること
  →退職後も対象期間に勤務していたなら対象に。

・正規職員、非正規職員かかわらず支給対象、給付金は非課税所得。
  →一日の労働時間にかかわらず支給される

・職員1人につき1回限り給付金配布

・ダブルワークしている人は主となる勤務先から支給


給付金はいつ支給されるのか?

支給の方法は、都道府県から給付金を事業所に渡し、
事業所から職員へ配ってもらう方法。事業所が都道府県に申請する形になる模様です。
申請の開始は、7月からなので職員の手元に届くのは
早くても7月末以降になりそうです。
 
緊急事態宣言が解除されておりますが、
まだまだ気が抜けないコロナウイルス。
今後も自分のためにも周りのためにも
しっかりと対策をしていきましょうっ!